基本の手相

手相占い生命線の見方!長さや形・起点や枝分かれの意味と年齢の見方?

生命線の見方です。

生命線は、生命力の強弱やスタミナ・病気や事故の予兆などを表すとても大切な線です。
さらに健康状態に加えて、生活環境の変化や開運の時期などもわかるものです。

幸運の知らせはわかると嬉しいですが、病気や事故などは怖いと感じますが。

ですが事前にわかることで、病気の予防ができたり事故をさけられると心強いですね。

今回は生命線の見方について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

生命線とは?

4大基本線です。

生命線は、感情線・頭脳線・運命線と共に、手相の4大基本線です。

運命線はない場合もありますが、生命線・感情線・頭脳線は、ほとんどの人の手に現れているもの。
運命線をのぞいて、手相の3大基本線と言われることもあります。

生命線は、人差し指と親指の間から手首に向かって弧を描くように刻まれた線です。
親指の付け根の金星丘に沿うように伸びていますね。

金星丘は生命線の内側に蓄えられたエネルギーともされます。

このように生命線と親指は密接な関係にあります。
この丘の膨らみ具合は、生命線の形にも影響しているのです。

生命線は生命の基本、生命力やスタミナ・体質・気力の状態を暗示するものです。
さらに、生活環境の変化や、病気や事故の時期・開運の兆しを教えてくれることも。

では次に、生命線の年齢の見方をみていきましょう。

生命線で年齢をみる

生命線の流年図です。

出典:手相の教科書より作成

こちらは西谷泰人先生の考案された、西谷式流年測定法です。
人さし指の付け根幅を基準にあらわされたものです。

生命線の起点が15歳で、人差し指の付け根の幅をそのまま下したところが21歳です。
そして、その中間地点が18歳となります。

21歳の地点から、図のように(A)の幅で分割していき年齢を見ることができます。

一般的に、「生命線が長いと長寿で短いと短命なのかな?」と思ってしまいがちですね。
ですが、実は生命線の長さと寿命は直結していないことがほとんどとのこと。

生命線が非常に短い人の場合でも、長寿で病気知らずという場合もあります。
生命線の長短と寿命の長さは、あまり関連がないと言えそうですね。

悩みやトラブルが起こる時期や結婚や恋愛の年なども生命線にあらわれるもの。

生命線は長さよりも、そんな環境の変化や運気をみるために役立てましょう。

生命線の長さでみる

基本の生命線の意味

生命線の基本的な長さは、手首の付け根の手前くらいまでです。

このタイプの人は、生命力やバイタリティも普通タイプで平均寿命を持つ人が多いです。

日本人の平均寿命は世界一ですね。
男性の平均寿命は81.25歳(2019年)です。

なので、大きな病気や事故などのトラブルに遭わない場合、平均寿命を全うする可能性が高いということですね。

長い生命線の意味

生命線が、手首部分に届くほど長い人は、長寿の傾向です。

長さは、カーブの張り出しが大きいことにも関係しています。
生命線が張り出しているほど生命力やバイタリティが強い傾向。

激務で多少疲れても、回復が早く免疫力や抵抗力も高いようです。
病気になっても回復力が強いでしょう。

ですが、過信しすぎては取り返しのつかない結果を招く場合もあります。

あくまでも体を酷使するのは控えましょう。

短い生命線の意味

生命線が短い人は、長い人と比べて生命力やバイタリティが少々低いタイプです。
決して寿命が短いというわけではありません。

バイタリティの強い人と比べると、激務が続くなどすると頑張りがきかないでしょう。
回復に時間がかかることもあります。

ですが、規則正しい生活や健康的な食事を心がけると、平均寿命以上まで元気な人も多いです。

また、頭脳線がしっかりしているなど、他の線との関係が良い場合も元気で長生きができる傾向です。

生命線の濃さからわかること

生命線は、長さだけでなく濃いかどうかが重要なポイント。

明りょうで濃い生命線を持つ人は、バイタリティや精神力に恵まれて活動的な体質を持っています。

病気や過労に対する抵抗力も強く、頑張りが利くでしょう。

多少の困難があっても、無事に乗り越えられる体力や気力を持つタイプです。

生命線の張り出し方でみる

生命線の形の分類です。

生命線にはいろいろな張り出し方があります。
中指から真っすぐしたに下した、線を基準にみていきます。

こちらでは、5つのパターンについてご紹介します。

①基本の張り出し方の生命線

基本的な張り出し方の生命線です。

気力や体力は一般的なタイプで、抵抗力や免疫力も普通で健康な状態です。

多少の無理も大丈夫。
ですが、身体を大切にする気持ちが強いので、無理をしすぎる心配はなさそうです。

健康的に安定した運勢です。

②大きく張り出した生命線

中指の線よりも大きく張り出した人は、精力的で魅力にあふれるタイプ。

大変にエネルギッシュな人で何事にも精力的に取り組めるでしょう。
そのため、じっとしているのが苦手ということもありそうです。

人を引き付ける魅力にも優れ、芸能界やスポーツ選手で活躍される人も多い傾向です。

また、会社経営者などに向いている手相で、経済的にも安定し生活力も万全。
何事にも精力的に取り組む、成功を手にする人も多いでしょう。

タフで病気にかかりにくい手相ですが、何事も過信は禁物です。

常識はずれの無茶な行動や食生活は、避けましょう。

③下部分が張り出した生命線

下の部分が張り出した生命線を持つ人は、晩年期に気力や体力が増すタイプ。

晩年になるにつれて、健康でエネルギッシュに過ごせるでしょう。

定年後にも打ち込めるものを、捜しておくといいですね。

晩年も活動的なほうがストレス解消に良い人です。

無理をしすぎない範囲で、アクティブに生活できるといいですね。

④直線的な生命線

カーブが少なく直線的な生命線を持つ人は、控えめで消極的なタイプ。

体力や気力も低く、エネルギーが不足気味で淡泊で消極的な人が多い傾向です。

体力勝負の仕事よりも、頭脳労働や手先を使う仕事が良いでしょう。
女性の場合は、冷え性や不妊症のこともありそう。

ウオーキングなどで、無理なく基礎体力をつけることから始めるとよさそうです。

無理なくできる運動に加えて、規則正しい生活や食事で、気力や体力を充実させましょう。

⑤月丘に伸びる生命線

月丘に伸びる生命線です。

生命線は、金星丘にそってカーブを描くのが一般的です。

ですが、金星丘の反対側の月丘に向かう線もあります。
この線を持つ人は、変化を好む性格で一か所に落ち着くことが苦手なタイプ。

そのため、転居や転職を繰り返す傾向です。

同じことを繰り返すことに満足ができない性格のよう。
なので、単調な仕事はすぐに飽きてしまうのです。

変化に富んだ仕事や、いろいろな人に接する仕事を選びましょう。

この線を持つ人は、旅行癖を持つ人が多いのも特徴の一つです。

生命線が始まる起点でみる

スポンサーリンク

生命線のはじまる起点での違いです。

生命線が始まる起点の位置から、性格の傾向を読み取ることができます。

①標準的な起点から伸びる生命線

標準的な起点の生命線です。

人さし指と親指の付け根の真ん中の位置が、標準的な生命線の起点です。

標準的な起点から伸びる生命線を持つ人は、精神的にバランスのとれた常識人。

一生を通じてあまり無鉄砲なことはせず、その時の状況を見極めながら行動ができるバランス感覚の良い人です。

②標準より上の起点から伸びる生命線

標準より上が起点の生命線です。

標準的な起点より上から伸びる生命線を持つ人は、積極的で前向きなタイプ。

長所は積極的で勇気があり、人を統率する能力に優れています。
体力もあり向上心も強いため、自分の意思で判断し大胆に物事にチャレンジしていくでしょう。

地位や名誉欲もあり、政治家や経営者として活躍する場合もありそうです。
女性の場合、家庭を持つと夫よりも主導権を持ち、家を仕切るタイプになりそうです。

短所としては、権力志向で人を支配したがる人とも思われることも。
野心や野望が強すぎると、人に命令されることを嫌う一面が強く現れそうです。

ですが、何事も人との和合が成功する秘訣。
独りよがりになりそうな時は、行動をふりかえり起動修正を。

生命線の起点が人差し指に近くなるほど、この傾向が強くなるので注意が必要です。

③標準より下の起点から伸びる生命線

標準より下が起点の生命線です。

生命線の起点が親指よりの人は、消極的な傾向です。

自分から進んで人を統率することは、好まないでしょう。
人に従い、守り支えることを選ぶ人。

とても用心深く慎重、警戒心も強いので、冒険的な行動はしないでしょう。

攻めることは苦手ですが、守ることは得意です。

生命線の起点が親指の付け根に近くなるほど、その傾向が強くなりそうです。

特殊な生命線

二重生命線のパターン1

二重になった生命線のパターン1です。

生命線は普通は1本ですが、2本ある人もいます。
この生命線を二重生命線と言い、非常に強い生命力の持ち主です。

前向きで忍耐強い性格で、健康に恵まれ長寿の場合が多いです。
病気に対する抵抗力や回復力も強い人です。

生命線と同じくらいの太さの線があるので、何事にも精力的に取り組めるでしょう。

二重生命線のパターン2

二重になった生命線のパターン2です。

こちらの二重生命線には、生命線の内側に薄い線が平行して伸びるパターンもあります。
副生命線と呼ばれるもので、生命線を強化する頼もしい線。

二重生命線を持つ人は、濃くてはっきりと長い線をもつ場合が多い傾向です。

生命線は、生命力だけでなく意欲や精神力もあらわすもの。

この線を持つ人は、タフで粘り強い精神力の持ち主といえるでしょう。

キレギレの線の生命線

ギザギザの線の生命線です。

生命線がキレギレになっている人は、体力や気力が弱く疲れやすいタイプ
そのため、仕事が長続きしない傾向です。

規則正しい生活や食事を心がけ、不調をコントロールできるように自己管理しましょう。

そして、身体にあった軽い運動などで、体力をつけることも大事です。

この線を持つ人で金星丘のふくらみが豊かな場合は、体力があることもありそうです。

どんな場合でも、無理をせず健康第一に考えて行動することが大切です。

起点が鎖状の生命線

起点が鎖状の生命線です。

起点部分が鎖状になった生命線を持つ人は、子供の頃に病弱だったパターン

又は、子供の頃に精神的なストレスを多く受けていたことをあらわすこともあります。

その場合は、家庭環境では親が不仲で喧嘩が絶えなかった場合も考えられます。
また、親からのDVを受けていた可能性もありそうです。

鎖状の線がしっかりした線になっているので、成長とともに改善されたとみることができます。

また、鎖状の線は生命線のどこに現れても、病気やストレスなどの一時的な健康障害をあらわすもの。

このような線が現れたら、生命線の流年法から、年齢を推定してみましょう。

途中で切れている生命線

途中で切れている生命線です。

途中で切れている生命線を持つ人は、一時的な運気の低下で病気や怪我への注意が必要です。

線が途切れている時期を流年法で確認し、過労や心労を避けて過ごしましょう。
また、これまで以上に慎重に行動することが大切。

この空白部分が大きいほど、訪れるトラブルが大きくなりそうです。

また、左右の手相の生命線が同じような部分で途切れている場合は、特に注意が必要です。

運気は必ず回復できるものです。

前向きに考え、免疫力や抵抗力を落とさないように注意しましょう。

切れ目に平行する線がある生命線

切れ目に線が平行する生命線です。

生命線の切れ目に沿って平行する線がある場合は、一時的なダメージですむことを意味しています。

生命線に寄り添うように刻まれている線を姉妹線といい、補ってくれる役目があります。

線が途切れている時期は、生命力が低下する時期。
ですが、姉妹線が寄り添ってダメージをカバーしてくれるのです。

この時期は、病気にかかったり怪我をする可能性が多いもの。

ですが、この線があるお陰で病気やケガをした場合でも軽くすみ、一時的な痛手で済むでしょう。

内側に切り替わる生命線

内側に切り替わる生命線です。

切り替わった2つの生命線が重なる場合は、病気やケガがあっても軽くすむことを示すものです。

生命線が切り替わる時期は、運気が低下することが多いもの。

ですが、2つの線が補い合うためダメージが少なくすむのです。

また、2つの線が切り替わる時期は、運気が低下する場合が多いので、心身に負担がかからないように注意しましょう。

外側に切り替わる生命線

外側に切り替わる生命線です。

生命線が外側に切り替わる人は、とても強い生命力の持ち主です。

短い生命線を補強するように、外側に別の生命線が伸びています。

外側にできた生命線が伸びると、金星丘が大きくなり生命力や精神力も強化されるのです。

運命線が寄り添う生命線

運命線が寄り添う生命線です。

短い生命線を補うように運命線が寄り添う場合は、強い生命力で長寿の相となります。

手首のあたりから伸びる運命線は、まるで生命線のようですね。

このパターンは、生命線が長く強化されたのと同じ意味になるのです。

終点が二本に枝分かれした生命線

終点が二本に枝分かれした生命線です。

終点が二本に枝分かれした生命線は、2つの意味があります。

伸びている支線がしっかりした線の場合は、生命線を補佐する良い意味を持ちます。

ですが、線が弱い場合は病気にかかりやすいことを示すものです。

生活が乱れる可能性もありそうです。

終点が三本以上に枝分かれした生命線

終点が三本以上に枝分かれした生命線です。

終点部分から3本以上の細かい支線がある場合は、過労や体力の減退の前兆です。

ストレスの蓄積で心身ともに疲れた状態であることを、教えるものです。

枝分かれしている線が細く弱々しいほど、体調の悪化が心配されます。

休養を取り体をやすめることが大切です。

まとめ

生命線のいろいろなパターンについてみてきました。

手相に現れる線が良い意味だと安心ですが、そうでない場合はちょっとショックなもの。

ですが、突発的に病気や事故に見舞われることのほうが、怖いですものね。

事前にわかることで、備えることもできそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク