手相占い

爪の白点は願いが叶う幸運のサイン!親指・薬指・中指・小指・人差し指で違う意味とは?

手相には線の他も、幸運を暗示するいろいろなサインがあります。

幸運のサインでは、星の形のスターや四角い井桁のようなトライアングルですね。

そんな幸運のサインは、爪の中に白点となってあらわれることもあります。


今回は、爪にあらわれる幸運のサイン白点についてみていきたいと思います。

白点があらわれる指ごとの意味や、幸運の期間の見方、白点は多いほどいいのかなども詳しく!

さらに、「いつまで待てばいいの?」と思ってしまう方のために、白点を書く方法もご紹介します。

では、爪の白点の意味からみていきましょう。

スポンサーリンク

爪の白点の意味

スポンサーリンク


爪の白点は、幸運の訪れをあらわしています。

そしてその幸運は、ずっと運気に見放されていたような場合にあらわれることが多いもの。

「一発逆転」や「起死回生」
のような性質を持つものです。

例えば、ずっと恋人ができずに諦めていた人に恋人ができる

また何年も願い続けてきて、ずっと成果が上がらなかったことが日の目をみるというようなが起きる可能性があります。

白点の数は、一つまたは多くても二つ出ているのが幸運のサインとなります。

三つ以上出ていると、少し体調が心配で神経疲労が疑われます。

気になる幸運の期間は、出現したすぐ後から爪に白点が出ている期間になります。

爪に白点がある期間はずっと幸運期ということですね。

そんな幸運な期間は次の方法で算出できます。

幸運な期間は?

幸運が訪れる期間は、白点の位置から判断できます。

爪に白点が出ている期間が幸運期となるので、爪の伸びる期間から算出しましょう。



出典:的中手相術 西谷泰人(こちらを参照し作成しました)

爪は、根本のさらに奥の部分で作られます。

そして、爪の先端まで伸びるまでの期間は約4か月です。

なので、爪の白点の位置から「幸運な期間」が算出できますね。

こちらの図のように、白点が爪の真ん中くらいにあるときの幸運な期間は、あと2ケ月とみることができます。

白点の大きさは1ミリくらいで、丸く輝いているように見えるのがよりラッキーなもの。

爪のどの位置にあってもラッキーなサインですが、中央にあるほうがより良いものとされています。

生命線や運命線・恋愛線を見る時も、きれぎれよりもしっかりとした線が良いのと同じですね。

そんな爪の白点は、出る指によって幸運の意味が違ってきます。

それは指ごとにそれぞれ違う意味を持っているからなんです。

ここからは指によって違う白点の意味をみていきましょう。

親指の爪の白点

親指には、「生命力・理性・社会的成功・達成力・芸術性・愛する人」の意味があります。

親指の爪に出る白点は、愛する人が出現する幸運に恵まれるサイン。

親指の爪の白点は、左右どちらの爪に出た場合でも同じ。

良い出会いに恵まれて、相思相愛の関係になるなどの愛情に恵まれることを示しています。

独身の人なら将来の伴侶の出現や、既婚者の場合は家族の妊娠や自分自身の妊娠を暗示することもあるもの。

さらに、ずっと待ち望んでいた子供を授かる可能性があるのです。

このように、親指の爪の白点はあなたが愛情面で満たされるような、嬉しい出来事の訪れをあらわすものです。

人差し指の爪の白点

人差し指には、「権力志向・野心・向上心・努力・リーダーシップ」の意味があります。

人差し指の爪の白点は、夢や希望が叶うという幸運に恵まれるサイン。

人差し指の爪に白点が出現したら、目標としていた夢や希望が叶うという吉兆を暗示しています。

それは長い間の念願が奇跡的に叶うなど、想定外の幸運に恵まれそうです。

しかし、奇跡的な出来事も日ごろのあなたの努力の賜物。

爪の白点は、日ごろの努力や苦労を重ねてきたことが報われる時期が訪れることを教えてくれるサインなのです。

中指の爪の白点

中指には、「孤独・探求心・向上心・自制心・根気・思慮深さ・忍耐力」の意味があります。

中指の爪の白点は、旅行や移転・不動産等の幸運に恵まれるサイン。

旅行や引越しなどがきっかけになって、幸運に恵まれることをあらわすものです。

転勤や出張などをきかっけに、仕事上での成果が認められる可能性もあります。

中指の爪の白点は、孤独な環境で人知れずしてきた努力が成就するチャンスの訪れを表す嬉しいサインです。

薬指の爪の白点

薬指には、「富・名声・名誉・成功・配偶者・成功・芸術性」などの意味があります。

薬指の爪の白点は、名誉や名声・配偶者・才能の開花・金銭的な幸運に恵まれるサイン。

恋愛関連では既婚者の方なら配偶者による幸運が、独身者の方なら将来の伴侶との出会いなどの幸運に恵まれそうです。

恋愛以外の幸運では、今まで日の目を見なかったことが評価されて、名誉や名声を得ることも。

薬指の爪に白点が表れると、周りの人から評価され、認められる出来事が起こりはじめます。

その結果、芸術的な才能の開花や願望成就によって、金運の上昇の可能性が高いです。

これまでにない幸運期なので、積極的に挑戦してみましょう。

小指の爪の白点

小指には、「子孫繁栄・社交性・商才・コミュニケーション力・不動産」などの意味があります。

小指の爪の白点は、臨時収入・子宝・社交運・不動産に関する幸運に恵まれるサイン。

小指の爪の白点は、商売や事業が発展することで金銭運がアップしたり、子宝に恵まれる可能性があります。

また、すでにお子様がいる場合も、子供に関する吉事が訪れそう。

受験に合格したり、昇進や昇格するなど様々な幸運に恵まれそうです。

白点が出ている期間は、幸運期なので積極的に行動をしてみましょう。

爪に白点を書いて運気アップ

爪の白点は、中々現れてくれないものですね。

「いつまでも待てない」という場合は、自分で白点を書く方法がオススメです。

手相を金色や銀色のペンで書きこみ、運気を上げる方法がありますね。
同じように、白点を書く方法もあります。

修正ペンや白いマジックでもいいですが、私は少しラメの入ったエナメルで書き込んでみました。

白点の大きさは、1mm~1.5mmくらいが良いです。

エナメルの場合は、別の容器にとってから楊枝の先につけて書くとちょうど良い大きさになります。

私は、白点だけを入れましたが、ネイルのデザインの一つとして書き入れるのもおしゃれですね。

恋人や結婚相手との出会いを求める場合は、薬指と親指に1個ずつ白点を書きましょう。

移転先で良い不動産物件を見つけたい場合は、中指と小指に白点を。

さらに、金運アップなら小指に、願望成就なら人さし指に、それぞれ白点を書いてみましょう。

まとめ

爪に表れる白点の意味と、白点を書く方法についてみてきました。

白点は人知れず努力をしてきた人への、ご褒美なのかもしれませんね。

白点が出ている期間は、ツイてる時期。
爪に白点を書いた場合もツイてると自覚し積極的に努力を続け幸運を、引き寄せてみましょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク